固定資産税

厚木の分譲住宅と固定資産税について

厚木に住んでみたいと考えている人は、たくさんいるでしょう。厚木は、とても住みやすい町です。なぜなら、生活に不便を感じない町だからです。駅の周辺には、二つの駅ビルがあります。その中には、ドラッグストアや、スーパー、100円ショップなど、生活に必要なものは、ここでほとんど揃えることができます。また、交通の便も悪くありません。JR横浜線があるので、八王子駅や、町田駅まで、15分程で行ける距離にあります。都心への直通の電車はありませんが、駅の規模も大きいので、そこまで不便に感じることはないでしょう。そして、厚木に分譲住宅を購入する場合、治安についても値段についてもおすすめできる良い場所だと言えます。なので、厚木に分譲住宅を購入した際の固定資産税も含め、メリットやデメリットなどを解説していきましょう。

厚木の分譲住宅を購入する前に、分譲住宅について、しっかりと理解しておいたほうが良いでしょう。それは、あらかじめ決められた形で、ひとつの場所に住宅街を形成している住宅のことです。そのような住宅街を一度は見かけたことがあると思います。このようにして、一度にたくさんの住宅を立てて売ることにより、本来よりも大幅なコストダウンが見込めます。なので、最初から設計していくような形と違い、すでに立てられた住宅の中から、自分の好きな家を選ぶという形になります。それによってのメリットやデメリットについて、解説します。まず、一番のメリットとなるのは価格でしょう。あらかじめ決められた家である為、価格は安くなります。そして、自分の好きな家が見つかれば、購入までスムーズに契約が進むスピードも魅力のひとつです。デメリットとしては、自分のこだわり通りの家にはならないということでしょう。細かく間取りなどこだわりたい人にとっては、物足りないかもしれません。そして、忘れてはならないのが固定資産税の問題です。固定資産税とは、土地や家屋を所有している人が払わなければならない税金のことです。課税標準額に標準税率をかけた分が固定資産税となります。

このように、厚木で分譲住宅を購入する場合、場所の割にはとても安い値段で住宅を購入することができるので、おすすめです。しかし、分譲ということのメリットやデメリットをしっかりと把握しておくことも、理想の住宅を購入するためには必要となります。また、住宅の購入額に、固定資産税も加わることを忘れないようにして、計画的に物件を購入しましょう。”