原因と解消方法

トイレつまりの原因と解消方法


トイレつまりは突然に発生してしまう性質があるため、いざつまりが起こると冷静さを失ってしまう場合がありますが、トイレつまりは突然起こるものではなく必ず原因があります。また前兆が見られる場合もありますので、普段の使用時には気にかけておくことも大切です。突然のトイレつまりに対応するには専門業者に依頼することになりますが、急な事態では対応が難しい場合もありますので、普段から依頼先として専門業者をリストアップしておくことが大切です。

トイレつまりの原因に多いのは流してはいけないものを流す行為となります。意外にも知られていないケースが多いと言えますが、トイレットペーパー以外は流さないのが基本となります。ティッシュペーパーは見た目がトイレットペーパーに近いですが、溶けにくい作りとなっているためトイレつまりを起こしやすい性質があります。クリーナーの中には流しても良いとされるものもありますが、確実な保障はありませんので注意が必要です。

突然のトイレつまりには専門業者に依頼するのが最適ですが、自分でできる方法がないわけではないため、汚物を片付ける覚悟があれば挑戦してみるのも良い方法です。代表的な直し方にはラバーカップを使用する方法があります。スッポンとも言われますが、空気の圧力によりつまりを解消する方法ですが、使える場合と使えない場合があるため自分では対応できないケースも出てくると言えます。

トイレはつまる前から前兆が出てくるのが一般的ですが、前兆を知ることで原因を把握することが可能です。水を流した際に普段よりも便器内の水位が高くなっている場合や、タンクから流れる水量が少ない場合もあります。また水を流した際に異音が発生する場合など、必ず前兆になるできごとがありますので、普段から異変に対して敏感になっておくことが大切です。一度つまると自分の力だけでは解決できないケースもありますので、日頃の意識が大切になります。

トイレつまりには必ず原因がありますが、前兆を見逃さず早い段階から解消できるようにすることが大切です。自分で解決する方法もありますが、水が溢れ出てしまった場合には専門業者に依頼するしかない場合もあります。流してはいけないものをはがすと詰まりやすくなりますので、指定のもの以外は流さないようにすることが大切です。節水のために水量を押えている場合にも詰まりやすくなるため、極端な節水は避ける事が大切です。”

  • トイレつまりの直し方と必要となる道具 トイレつまりは自分でも解決できる場合がありますが、そのためには詰まった原因を特定するとともに基本的な知識を持つことが大切です。なぜつまったのかが分からなければ解決策も見つかりませんの …

    直し方と必要となる道具